刺青

変態漫画

【本好き女子大生が選ぶ】文学的価値すら感じさせる名作エロ漫画17選【超厳選】 

我々には、数々のエロ漫画の中から自らを«本当に»満足させることのできるエロ漫画を選び抜く能力が求められる・・・ ただ一度読んで、使って、忘れ去る。そんな「消費するエロ漫画」ではなく、「ここがわたしの楽園だ!!!」と叫びたくなるような。何度でも読み返して、などでも再利用できてしまうような。そんな「価値のある名作エロ漫画」を。 変態文学大学生が、ものすごく自分の西壁から【超厳選】させていただきました。
変態ゲーム

エロゲというもう一つの世界、鬱ゲー「僕は天使じゃないよ」

正直、今の時代にエロゲなんてやってる人、相当気合の入った変態だと思う。 高いし、時間かかるし、疲れるし。 じゃあなんでエロゲやるのかって聞かれると、もしかしたら、疲れたいのかもしれない。 疲弊し、麻痺した脳は、だんだんエロゲの世界を「現実」のように思いはじめる。 本よりも深く、没入していく。 要するに、エロゲをすることは、もう一つの世界で生きることだ。 そんな「もう一つの世界で生きる」感覚をはじめて与えてくれたのが、「僕は天使じゃないよ」だ。
タイトルとURLをコピーしました